パートととして高時給の登録販売者になるための条件

登録販売者,パート,高時給,条件

家庭を持っている人や現在の会社の給料に不満を持っている人は、副業をする確率が高いです。給料だけでは生活ができない場合には、高時給のワリのいいパートをすることが重要です。そこで注目されているのが登録販売者といった仕事です。この仕事内容は、薬剤師などが扱う一部の薬を販売することを認められた人たちです。 この仕事につくためには、一定の条件があります。それが、都道府県が定めた試験に合格することです。薬に関しての専門的な知識が必要になります。国家資格ではないので、難易度はそこまでたかいものではありません。都道府県によって、試験の難易度にバラつきがでないためにガイドラインをもとに問題は作成されます。 登録販売者になるための条件として、学歴もあります。薬学部として大学を卒業した場合には、実務経験が免除されます。高校卒業の場合には、実務経験が1年以上必要になります。そのほかの人たちは、実務経験が4年以上必要となります。実務経験に関しては、80時間以上の勤務をした月を1ヶ月と数えると覚えておきましょう。 時給が高いですが、専門性の高いものなので、しっかりとした決意をもって取り組むといいでしょう。スキルアップにもつながります。 238

高時給のパートなら登録販売者資格がポイント

登録販売者,パート,高時給,条件

ドラッグストアでは随時、パートの募集がされているのですが、他よりも高時給になるのが登録販売者の資格を持っている人です。 その資格は、かつては薬剤師だけがお客様に対応できる分野だったのですが、改正薬事法が制定されて変わって来ました。 登録販売者とは2009年から施行された改正薬事法の中で定められた医薬品販売のスペシャリストとして販売できる資格です。 これまででは、薬剤師にしか認めていなかった一般の医薬品の販売が、新しく制度化されて、その一部を販売できることが登録販売者に認められるようになりました。 都道府県による試験が実施されているので、ドラッグストアや薬局などでの勤務をより高時給で探すなら、取得しておくと役立つ資格ですので抑えておきたいポイントです。 登録販売者の資格を取得することで、一般のドラッグストアでの時給も高く設定されるので、取得すればすぐに給料にも反映されるので、取っておいて損をしない資格です。 薬に関する知識を持っているので、定められた医薬品の使い方や服用方法、副作用など詳しい内容をお客様に説明することが出来るやりがいのある仕事でもあります。 より高い給料になるので、登録販売者の資格を取得を目指す人が施行以来、増加しています。 239